求めている人は?

社会福祉法人すぎなみき会すぎなみき学園 副施設長 井上憲一


すぎなみき学園 副施設長

 

すぎなみき会の求める人材を教えて下さい。


『真摯に挑戦でき、前向きな方を求めています』。色々なことに挑戦できる環境がすぎなみき会にはあります。この環境の中、自分の持ち味を出し、利用者様と共に成長できる職場です。


どんな将来を目指していますか?

障害の有無、年齢に関わらず、すぎなみき会を訪れた人が、幸福を感じる事ができる、そんな「場所」を目指しています。
社会福祉法人は、地域への貢献はもちろんのこと、利用者様や地域に対するサービスはやればやるだけ尽きることのないモノだと思います。社会に必要とされる法人として「究極のサービス」を追及していきたいです。

すぎなみき会で働いている人は、どんな特徴がありますか?

特徴を一言でいうと、「なんでも言い合え仲間がいる環境」につきます。
20歳代の職員が多く、仲良く協力し合いながら頑張っています。
男女比率は、男性40%、女性60%です。
みんな優しく、笑ったりと楽しい職場だと思います。
女性でも役職についている人は多くいます。

資格がなくても入れるのですか?

資格・経験がなくても入れます。入社してから資格を取得する人もいます。
福祉学部から入ってこられる方もいますが、一般学部からの方も多く入ってこらます。

社内で意識しているエピソードを1つ

言葉遣いを意識しています。
利用者の皆様は、お客様なのでタメ口なんてありえません。
職員同士でも、仲が良いからといって言葉遣いには意識して欲しいと教育しています。

どんな人が向いてると思いますか?

福祉職は、基本的には「優しい人」が向いていると思います。そして、すぎなみき会では、「真摯に挑戦」できる方を求めています。

面接で重視する点はなんでしょうか?

やはり、「人間性」ですね。
自分のことがよくわかっている方で、今後自分自身を磨ける努力の方かどうかを重視しますね。

入社を目指す人に一言

就職活動をする中で、自分の将来を考えことができると思います。そのような機会は、人生の中でほとんどないことだと思います。就職活動を通じて、「自分はどのようなことをやりたいのか」「どんな仕事をしたいのか」をよく考え、将来を見つけて下さい。
未経験でも知識・技術なんてあとから身についてくるものだと思います。
これから、みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。